スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あとがき:鬼畜プロデューサー物語

えーっとまずはコレか

鬼畜プロデューサー物語前編


鬼畜プロデューサー物語後編


ネタバレを含みますので以下注意


いわゆる処女作。
鬼作さんがPになって春香さんをプロデュースするお話。
いきなり前後半合わせて約50分とか長いんですけど、今考えてもこれがベターですね。
これ以上の分割、短縮は無理。

あーもうこれ書いて一年になるのか、早えなあ。
製作日数が確か三日、テキスト自体は一日で出来てあとは紙クリとエンコに手間取ったのが二日だったかな?
なんかテキストすごい勢いで書けた覚えがあるなあ、
大概そういうときはいいものが書けてるんですよねー。

まあ物語の展開としては割とベタですね。鬼作さんの異色さに助けられてます。
内容は原作の妹の役割を春香さんにやらせる形。
誰のP担当させるかは春香さんですぐ決定しました。
なんか他の子だと絶対うまくいかない気がするwww
あ、やよい辺りはうまくやっていけるのかな?


前半、というか最後以外は春香さんとのエピソード綴ってるわけですが
これのネタもすぐポンポン出てきましたね。
キャラが勝手に動いてくれる感じで。春香さんと鬼作さんの相性が異常だった。
ライブでのスタンディングオべレーションネタとかよくサクっと出たなあ。
プールでのエルドラド発言は聖飢魔Ⅱちょうど聞いてたんですねコレ。

で、最後。
いきなり神様が出てくる。
いやまあ、なんかあるよ、ってエロ妨害カットインでも予兆は出してたんですけど
それにしてもいきなり。
発言も大分陳腐なんですけど、もう神様って存在が陳腐だし、
原作準拠と言えばそうだし、ちかたないよね!

春香の誕生日を今度はちゃんと覚えてるところとかいいですね。
オーディションに望む春香さんの発言がやたらカッコいいです。
まあ鬼作と1年も付き合えば図太くもなるってもんです。
「これからも、宜しくお願いしますね」ってとこで綺麗にBGM切れていい感じの余韻になるんですけど、
コレ偶然なんですよね、おいしい。
勝手に白状しますけどここらへん俺自身泣きながら書きました、うへへ。
いや、春香さんがあまりに可哀想で可哀想で。
まあそんだけ感情が篭ってるって事で。
やっぱね、自分が面白いと思えないと面白くないし、
自分が泣けなきゃ他人にもそういう感情を与えることはできないんじゃないかなと思うし、
そう言った意味ではいい物が書けてる手ごたえはありましたね。


あとは、最後の最後。
まあ春香さんの「隣に…」で締めるわけにもいかないっすよね。
ここでウィンドウ閉じられるんじゃねーか、って心配してたりwww
芋虫も試しに流したけどさ、やっぱ無理無理、合わないwww
内容についてはあえて語るところも無いかな、綺麗な締めが出来たかと。


コメで某作品のBGMに触れてるのが結構あるんですけど、もちろんオマージュです、うへへ。
書いてる最中は意識全然してなかったけど、書き上げた後ちょっと似通っちゃったかな、と思って
一種の開き直りの感じでBGMもそうしちゃえ、みたいな。

コメントで特に印象に残ったのは「アイマス知らないけど春香好きになった」みたいなのがあって、
コレほんとに嬉しかったですね。
アイマス知らない人が見に来てくれて、
一時間近いの最後まで見てくれて、
こんなコメント残してくれるとか嬉しすぎるでしょ?
その他もみなさん暖かいコメント寄せてくれて、投稿した後毎日見返してましたねwww
皆さん本当にありがとうございます。

あーなんか自画自賛的な感じになったけどまあいいよね!おわり。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

タイシP

Author:タイシP
いわゆる一つのニコマスP

Twitter
 
FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
xbox
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。